ウェブデザインの有効性

パソコンと女性

ウェブデザインとは、情報を伝えることやサービスを利用してもらうこと、ブランドを認知してもらうこと等を目的として、視覚に訴えるサイトを作っていくことを指します。 マーケティングとコンテンツが充実していればデザインなんてどうでもいい、という人もいますが、実に半数のオンライン消費者が、全体のデザインを理由にあるECサイトを再訪しないそうです。 ウェブデザインは、視覚によってユーザーにそのサイトの印象付け

ウェブデザインの現状

パソコンと男性

ウェブデザインの現状は、ユーザーが媒体として使用するのが、デスクトップパソコンやタブレット、スマートフォンなどさまざまな視聴メディアがあることを前提にしています。また、OSやブラウザにより見え方も多少違ってきます。 そのような状況のなかで最大公約数的なデザインを考えなければならない特性があります。 アクセシビリティといわれる情報の伝わりやすさ、ユーザビリティ(使いやすさ)まで求められます。 また、

ホームページ制作や動画制作には、ウェブデザインが大事

楽しそうにパソコンする人

ウェブデザインとは、ホームページ制作や動画制作などに、ページレイアウトや、カラーバランスなどの視覚の部分を作成する事が、主にメインとしての働きだが、近年ではHTMLやCSSなどの最低限のプログラミングが出来る事がウェブデザイナーとして求められます。 最近では、スマートフォンの普及によりスマートフォン用のウェブデザインを行う事もあり、これをレスポンシブデザインといいます。 また、2007年より、ウェ

動画制作の方法

キーボード

動画制作には、自分で撮影した動画を自宅のパソコンで編集したり、専門としている制作会社に依頼するなど、さまざまな方法があります。現在はビデオやパソコンの技術革新が進んだために、いろいろな手法を取り入れた動画が制作されています。 また、制作会社では、動画制作のほかにも、ホームページ制作やウェブデザインも引き受けています。もしも依頼したい場合には、格制作会社のホームページを見て、サンプル例や実績を確認す